【カビ対策決定版】カメラ・レンズの保管にお薦めカビ防止剤

lens-510529_1280

カメラやレンズに生えるカビを防ぐ方法として、BCAという薬剤の使用がお薦めです。

私は昔、レンズを複数本だめにしてしまったことがあります。レンズは、個別にプラスティックバッグに乾燥剤(シリカゲル)と共に入れて保管していたのですが、長い間ほったらかしにしてしまったこともあり、カビが生えてしまいました。その教訓からカメラとレンズは、必ずパッキン付きの容器に乾燥剤と「防カビ剤」を入れ、どちらもこまめに交換して保管しています。

DSC_0140

その防カビ剤として使っているのが、「フジカラーカビ防止剤」です。わずか200円前後(5袋入り)で効果が1年間も持続します。これにはBCAが使われており、昇華性があるため広範囲に適用でき、細菌にもカビにも効果があります。毒性も、かつてカビや虫害対策に使われていた臭化メチルと酸化エチレンに比べて格段に弱く安心です。BCAは文化財分野にも適用されており、正倉院の収納箱の中にもBCAゲルが入れられているそうです。(文部科学省・カビ対策専門家会合)
光学製品だけでなく、フィルム、楽器、皮革製品、繊維製品、電子部品などの保管にも適しています。

一度生えてしまったカビは自分では取り除けません。メーカーの清掃にも万単位の料金がかかります。大事な物は、少ない投資でしっかりと守りましょう。

なぜ映像のガンマは2.2を選ぶべきか

Rec. ITU-R BT.709におけるガンマ値は2.4が記載されています。しかしながら、世の中のディスプレイのほとんどは2.2であり、MacもWindowsも2.2が初期設定です。

そもそもガンマ2.4は、ダイナミックレンジの広いHDRディスプレイなど最適な環境が揃わなければ有効に活用できません。
また2.4という値は、黒レベルがゼロの時に適したものですが、OLED(有機EL)を除きLCD(液晶ディスプレイ)では現実的な数値でもありません。

ref. http://www.sony.jp/pro-monitor/products/BVM-E170A/feature_1.html
LCDでは深い黒が再現できない。(ref. http://www.sony.jp/pro-monitor/products/BVM-E170A/feature_1.html)

以上のことから、ディスプレイのキャリブレーションでガンマ値の選択に迷ったら、2.2を選べば良いと思います。

Final Cut Pro X から YouTube へのアップロードでクラッシュ

出力先(アップロード先)に YouTube を加えようとしたとき、またはアップロードを始めたときに Final Cut Pro X がクラッシュすることへの対処方法です。

スクリーンショット 2015-12-14 15.59.02

まずクラッシュの原因として、キーチェーンに保存されているパスワードにコンフリクトが起きていことが考えられます。そこで一度、キーチェーンに保存されているパスワード(com.apple.FinalCut: Google Plus OAuth2)を削除してからアップロード用のアカウント設定をやり直しましょう。

スクリーンショット 2015-12-14 15.58.03